富山県内有数のハクチョウの飛来地として知られており
冬になると、数100羽のオオハクチョウやコハクチョウが群れを成して飛来します。また、ハクチョウ以外にもカモなどの水鳥が生息し、シーズンになると沢山の人で賑わいます。

「とやま古洞の森」の野鳥の森内、口径100cm反射式天体望遠鏡を持つ天文台を新たに建設し1997年(平成9年)7月19日に開館した。なお、富山市科学博物館は富山市街地の西中野町にあり、天文台とは離れている。⇒HPはこちら

どんぐり橋からダムの様子がはっきり伺うことできます。晴れた日には神秘的なキモチになれます。
Copyright(c)2012.FURUDONOMORI Co.,Ltd.all Right Reserved.